家庭菜園しながら
オーディオブックで栽培と一緒に学ぶ

HOMEStudy method>家庭菜園しながら学ぶ

自然に触れながら朗読本で一緒に学ぶ

無性に海や山へ足を運んで
自然を体験したくなることありますよね。

ですが時間がなくていけない なんてことも。

代わりに、自然に気軽に触れられる「家庭菜園」

時流に飲み込まれる

土いじりで人間性をとりもどしたような気分に。

人間性の回復の際、オーディオブックで
耳から学ぶ時間の活用もしてみませんか。

家庭菜園にオーディオブックがいい理由

家庭菜園にオーディオブックが
いい理由は三つあります。

1・リラックスしているので頭に入りやすい

安静時と緊張時を比較して、
学習に適しているのは「安静時」

人間はリラックスしていると、
α(アルファ)波やまれにθ(シータ)波という
脳波が発生している状態になります。

日常のβ(ベータ)波発生時よりも
着想や記憶の定着がいい報告がされています。

土に触れることでストレス軽減や
鬱予防にもなる研究報告もされています。

時流に飲み込まれる

マインドフルネス瞑想でも、θ波、α波が出て、
疲労回復やアイデアのひらめきが生まれると、
ビジネスマンたちも瞑想を導入しています。

自然と関わることで癒され、
普段とは違う脳波が出ている。

脳波発生時にオーディオブックを聞いていると、
時間節約の点でも学びの効率がいい訳です。

2・土に触れながら学べる

例えば、栽培法など全ての知識を持って
植物を育てているなら問題ありません。

まだ覚えながら家庭菜園をすると、
マニュアル片手に植栽するので
効率もよくありません。

土にまみれた手で本を読むのも
汚れをぬぐったりと、手間もかかりすぎます。

土いじり

オーディオブックだとスマホのイヤホン経由で
両手を栽培に使いながらまなぶことができます。
「ながら」勉強ができるので、
時間を効率よく使えます。

*現在、家庭菜園の朗読本の扱いはありません。

3・人間性の回復につながる

土に触れることで自然を感じるのは、
人間回帰のような心境になるものです。

その時に無心で家庭栽培するのもよし、
お気に入りの音楽を聞きながら
作物の手入れするのもいいでしょう。

選択肢にオーディオブックを加えましょう。
小説や詩や散文の朗読本は人間賛歌の世界です。

エコノミックアニマルな自分に疲れているなら、
手と目で菜園を、耳で文学作品を味わうことで
人間性の回復も同時に体験できます。

レオナルド・ダ・ヴィンチのウィトルウィウス的人体図

自然に触れる=人間性を取り戻す
精神の働きを強め、
心の平安の訪れになりますよ。

家庭栽培中に勉強する必要あるのか?

日常から切り離した楽しみの時間として
家庭栽培をされているでしょう。

なのに勉強時間にあてないといけないの、
と前向きにならない方へ。

自由な時間がありながら普通に生活できるのは、
ほとんど経済的な安定の上で成り立っています。

時代の変化に、今のまま過ごしていて、
乗り切る自信はありますか?

20年から30年くらい前までの時代を
想像してください。
ビットコインといったブロックチェーン技術、
囲碁で人間に圧倒的に勝利を収めたAIの誕生、
スマートフォンの登場や、VR世界など、
ひとつでも未来予測できましたか?

常識は簡単に変わります。
いまは問題ないと思っていても、数年のうちに
経済的に不安な状況にならないとも限りません。

時流に飲み込まれる

時流に乗るために知識を蓄え、自分を育て、
未来を想像して対応しないといけません。

もう一度繰り返します。

時代の変化に、今のまま過ごしていて、
乗り切る自信はありますか?

最初は小さな学びの芽でいいんです。

小さな芽

家庭菜園を楽しみながらの少しのすきま時間に
オーディオブックで学んでいきましょう。

小さな成果から、大きく自分を育てましょう。

Audibleで植物を育てるように自分も育てる