【解決】ストレスや不安を消す勉強法

問題解決には学びが近道

HOMEStudy method>ストレスや不安を消す問題解決勉強法

悩んでいても意識に残る
効率的で楽な学習機会の増やし方

何かとストレス、不安に悩まされがちな
現代、どのように乗り切ればよいでしょうか。

ストレスや不安を消すためには勉強して、
今よりも能力の底上げをするべきです。

酒に逃げたがるのは
問題の先送り以外ありません。

悩んだままの現状の延長線上には、
不安やストレスからの問題解決の
糸口はみえないはずですから。

問題解決の道筋イメージ

能力を伸ばし、成長して、視座を高め、
今のままでは解決できない
問題解決の道筋を見つけるしかありません。

運任せよりも高い確率で問題克服できます。

ストレスや不安を消す勉強法には
オーディオブック活用の学びが楽ですよ。
お勧めする理由や、成功実例を紹介します。

どうしてストレスや不安を消す勉強法は
オーディオブック活用が楽なのか?

どうしてストレスや不安を消す勉強法は
オーディオブック活用が楽なのか。

ストレスや不安のせいで、脳機能が
低下していると考えられます。

脳機能の低下のままで勉強しても
記憶に定着しづらい可能性があります。

例えば、元気な場合と寝不足続きの場合、
勉強してどちらが記憶に残ると思いますか?

実体験からもわかる通り、
「元気なとき」が圧倒的に記憶に残ります。

脳機能の低いままだと、意欲の低下、
記憶力、判断力の欠如など、
本来のあなたの力が発揮されません。

ストレス

だから「耳」を使って勉強するのです。

意識の刷り込みを狙う勉強法です。

脳機能低下のあいだでも、
音の感知はされていますから。

オーディオブックで意識下に刷り込み学びます。

意識の刷り込みを狙う勉強法を証明する話

1.「門前の小僧習わぬ経を読む」

意識の刷り込みを狙う勉強法の実話として、
まず「門前の小僧習わぬ経を読む」の諺

寺の門前に住んでいる童は、寺の読経の声を
いつも耳にしているので、習いもしない経を
自然に覚えている、という内容です。

環境が人に影響して善人にも悪人もなる
という、朱に交われば~と同じ意味です。

環境が人に与える影響力は大きいです。

普段から耳を使って学習教材を聞いていると
自然と知識が増えていくと理解できますね。

耳の影響の、もうひとつの話を。

2.怒りやすい夫をいさめた妻の言葉

リー・ミルティアという女性。
全米売り上げ上位フォーチュン500の企業
相手にコーチングをしている方です。

彼女が提供する興味深いエピソードがあります。

「暴力的な夫を持つ、妻の話。

感情的になると暴言や暴力をふるいたがる夫。

暴言や暴力のたびに、
『お願いだからやめて』
と言っても、一向に収まりません。

そこでアプローチ方法を変えました。

夫が感情的になるたびに、
『そんなことで怒るなんて、
あなたらしくないわ』
と言う事にしました。

けれども、妻の望むような、
怒らない夫にはなってくれません。

それでも夫が感情的になるたびに繰り返し
『あなたらしくないわ』と言い続けました。

ある日、レストランで食事をすることに。

レストラン

注文したのに、待てど料理は運ばれません。
イラつく表情が夫の顔に浮かびます。
(また怒り出すわ)と不安になる妻。

その妻の気持ちを察したのか、夫が
『こんなことで怒るのって、
俺らしくないよな』
と言ったのです。

それからは些細なことで怒ることのない
夫とすごせるようになりました」

時間はかかったものの、妻の言葉が
怒りがちな夫の考えを変えたのです。

怒ると人間の判断能力は低下(一部暴走)します。
なのに意識することなく情報を記憶し、
無意識に行動にまで落しこめた証明
です。

脳機能低下のあいだでも、耳は
情報を拾っているのが理解されたはずです。

オーディオブック利用が一番の近道の理由です。

日常において、オーディオブックに
四六時中、耳を預けるのが得策です。

ストレスや不安を消す勉強法アドバイス

疲れていてながら、がむしゃらに
オーディオブックを聴きまくるのも
効率がいいとは感じられません。

効率よく勉強するアドバイスは「寝る」こと。

まずは疲労感を少しでも減らして、
勉強するとすんなり頭に入りやすいです。

徹夜の勉強。少しだけ仮眠をとったら、
頭のなかはクリアになって、眠る前より
勉強がはかどる経験をされたことあるでしょ。

超人でもないかぎり、効果的な学習や訓練には
「質のよい睡眠」が欠かせません。

眠気をガマンするのもストレスがかかります。

素直に眠り、起きたら「よく眠れた」と言って
勉強や仕事に励むべきです。

睡眠

東大医学部在学中に司法試験も
一発合格した、河野玄斗の助言

「東大医学部在学中に司法試験も一発合格した
僕のやっている シンプルな勉強法
河野玄斗:著」のなかで、
眠る事で勉強効率が良くなると説いています。

不安で寝つきが悪い方に向けても、

”横になってもなかなか眠れないときは、まずは四肢の脱力を意識することから始めましょう。起きているときは、常に四肢に少なからず力が入っています。
そして、寝るときもその名残で、まったく力を入れていないつもりでも多少の力が入ってしまっていることが多いのです。 そのため、まずは睡眠を邪魔する余分な力を意識的に抜いて上げることが大事です。
気持ちを落ち着かせたうえで四肢を脱力させてあげましょう。その際、右手→左手→右足→左足と順に力を抜いてあげるとやりやすいでしょう。”

と寝つきの手順を提案されています。

目を閉じていても嫌な考えが浮かぶことも。

嫌な思いが浮かんだ瞬間に、フッと
「嫌な考えが消えて無になる」イメージを
繰り返すのもいいとアドバイスされています。

もしくは別提案として、鋼鉄王の異名をもつ
アンドリュー・カーネギーの不安解消法を。

カーネギー式不安解消法

1.ストレスや不安になる悩み、問題を
 ひとつメモに書き、またひとつ別のメモに書く
 悩みの数だけメモの枚数も増えます

2.思いつく限りの悩みを書き切ったら、
 そのメモを4つに区分けする

・「明日、できること」
・「来週なら取り組めること」
・「来月以降でも間に合うこと」
・「解決できないこと」

3.「解決できないこと」のメモは捨てます

4.優先順に問題を解決すればいいと思うと、
 気持ちが楽になったそうです。

メモを書く

問題内容を目にできるだけで、何を
悩んでいたか客観視できる利点があります。

客観視してしまうと、案外なんてことない
問題だったと気付けることが多いです。

どうしてでしょうか。
ひとつの問題が一本の糸のように、
幾重にも絡まりあって、手に負えない
問題として錯覚しがち
だからでしょう。

メモ記述方式でカーネギー自身、自殺を思い
とどめたという話なので、試しませんか?

夜に悩み事をメモ書きするだけ心が軽くなり、
寝つきが良くなる研究報告もあります。

問題解決したメモは、捨ててしまいましょう。
メモ捨ても、精神に安定を与えてくれます。

悩み解消には、少しの休息で脳機能を回復し、
能力を高めることで解決の糸口を見つける。

疲労困憊でも楽して意識下に落とし込める
オーディオブックを学びに活用しましょう。

カーネギーならナポレオンヒルですよね