ボイスブックで簡単に
乱読勉強で地頭を鍛える

朗読本は簡単に聴き続けられるので▼
▼継続利用は乱読と同じ結果を生む

HOMEStudy method>ボイスブックで簡単に乱読勉強地頭を鍛える

リーダーの立場を作るのは読書家だから

限られた時間のなかで、効率的に自分の知識の
下地を作り、上の立場になりたいあなたへ。

古来から文芸や政で名を残してきた偉人は
そろって読書家です。読書に力がある証拠です。

現代でも、イーロン・マスクやビル・ゲイツなど
多読から得られた新発想を実感されています。

第33代アメリカ大統領ハリー・トルーマンの
「読書家のすべてが
リーダーになれるわけではないが、
すべてのリーダーは読書家だ」

の言葉は、重厚な響きを含んでいます。

読書の重要性

上に立つ人間は、一点を深く学ぶと同時に、
幅広く知識の習得をされてきました。

誰よりも高い視野で物事を見る必要のためです。

忙しくても上を目指し乱読するのなら、
オーディオブックツールの活用を勧めます。

オーディオブックで多読多聴をする

「思っているより耳は暇してる」
なんて失礼な感じの宣伝文ですが、
指摘されれば耳を活用しようと
意識したことありましたか?

読書=目で読む、のは当然ですが、
知識を入れる=目で感じる、
だけではないですよね。

頭だけでなく、体を使っても、心で感じても
人間は「学んで」います。

耳の活用は、文字を持たなかった太古の時代でも
優秀な学習ツールでした。

もし話の内容が理解できていなかったら、
文字発明以前に、意思疎通できていません。

仲間内の話から内容は十分に理解でき、
文字を知ってからも、声だけでも
体系的に学び続けられていました。

耳で聞き、頭で文字化・理解してきたのです。

だからこそ、ギルガメシュ叙事詩のような
過去の文化は現在まで存続できているのです。

視覚情報過多でも耳は生きている

現代社会は、動画コンテンツなど、
視覚情報に大きく舵をとられがちです。

ですが思い出していただきたいのは、
動画コンテンツ視聴中であれ、
耳はちゃんと働いているから
内容を十分に理解していることを。

耳は情報を拾っている

なにかしながらでも目は見ないと
わからないのに、耳はよそ見してても
言葉の表現する世界を理解できています。

自由な時間が限られた生活の中で、
知識の階層を今以上に深めようと多読するなら
オーディオブックも使わないと難しいでしょう。

歩きながらも前方の交通状態の確認もでき、
声から内容が理解できるリーディングブックは、
隙間時間も学びに変えるコンテンツです。

音から学ぶ、耳の世界の奥行を
朗読本の学習体験で 効果の実感すれば、
成長する喜びを知ることになります。

幅広い多読乱読こそ知識の下地を作る

乱読(多聴)はオーディオブックの得意分野
といっていいでしょう。

ボイスブックは毎日何かしながらの
「ながら」学習だと挫折しないで簡単に
継続できる、うってつけのコンテンツです。

移動しながら、
食事しながら、
入浴しながら・・・などなど、
「思っているより耳はヒマしてる」
の指摘は当たっているでしょう。

限られた時間のなかで効率よく、
より多くの学習機会を作る。
学習機会が増えれば当然地頭はよくなります。

本を読む時間がないと嘆く人用に、
書籍の内容を要約した本の存在はありますが、
あくまで自分の頭で話の理解をしないと
思考の鍛錬にはなりません。

情報を入手し、自らの脳で処理する工程こそ、
地頭を鍛えることになります。

地頭を強くするには乱読多読であり、
乱読・多読=多聴に耳まで活用できる
オーディオブックはすぐに取り組める学びです。

リーディングブックはジャンル問わず、
幅広い知識を得る教育素材の宝庫ですから。

四六時中、音源を流しっぱなしの
「朗読からの乱読」が、多構造の智識の習得に
結びつく選択といえます。

気軽に博覧強記を目指せる時代到来ですね。

100年の難問だったポアンカレ予想も
ひとつの考えだけでは解けなかった

ポアンカレ予想というのがありました。

ものすごく簡単な説明ですと、
「宇宙はどういう形か不明で、球体か、
ドーナツのような形をしているか知りたい」
という思考実験(一種のパズル)です。

ポアンカレ予想の宇宙の形

ポアンカレ予想も、数学者たちが
「数学」のトポロジーというツール(思考)で
問題を解こうと長年格闘してきました。

トポロジーという捉え方だけで
問題は解決できると信じて必死でした。

中には人生を狂わされた数学者もいたくらいに。

100年の難問も、ロシアの数学者
グレゴリー・ペレルマン博士が
ポアンカレ予想の問題を証明したのです。

しかし結果は意外なものでした。

グレゴリー・ペレルマンは
トポロジーを使わずに、微分幾何学や
物理学の知識で問題を解いたのです。

トポロジーこそ答えを導き出せると
妄信的だった数学者たちにとっては、
悪夢そのものの結果を突きつけられました。

本当に絶句した数学者もいたくらいに。

トポロジーにこだわらずに答えが出せたのも、
ペレルマンの幅広い見識があってのこと。

精読も大切ですが、知識の土壌を豊かにする
乱読も答えを出すために重要です。

関係のない話から、別の知見が結びついて
新しい世界・思考が広がるのはよくある話です。

別の知識と知識が結びついてひらめく

気付ける人間が成功するのです。

「種の起源」のダーウィンの言葉の、
「生き残る種とは、最も強いものではない。
最も知的なものでもない。
それは、変化に最もよく適応したものである」

は現代でも生き続けています。

乱読多聴こそ、これからの第四次産業革命
(IoT及びビッグデータ活用、AIなどの
デジタル革命がもたらす超スマート社会)を
けん引する力になります。

先の読めない社会、生きていくためには
幅広い知識の集積、そして知識の結合が重要。

多読の学習効果を信じて継続することで、
他の人間には見えないチャンスに気づけ、
成功の道を歩む結果になるはずです。

あなたの生活の中の隙間に、
貪欲に多聴乱読の学習機会に耳を休めることなく
オーディオブックを愛用しましょう。

乱読のように多聴するため聴き放題を選ぶ