Audibleの作品の返品方法まとめ

オーディオブックはオーディブル

HOMEQandA>オーディブルでの返品方法

返品方法の仕方の解説

朗読者の声が自分の好みでなく、
気になって作品に集中できない。

人間ですから、あっても仕方ないことです。

購入したオーディオブックが
いまいち違うなと感じたら、
返品するのも手段です。

・PCからの返品方法

Audibleのヘルプセンターに記載の
「返品の手続きの方法」通り、
入手したオーディオブックはAudibleの
サイト上から返品することが可能です。

ログインして、アカウントサービスにある
「購入履歴」をクリックし、
画面を「注文内容」に変更します。

返却方法1


返品希望のタイトルを探して、
タイトルの右側にあるグレーの
「返品する」ボタンをクリックします。

ポップアップ画面が表示されますので、
返品理由を選択してから
「返品する」ボタンをクリックします。

返却方法2

オーディブルコインを使用した場合は
コインがアカウントに戻ります
(コインの有効期限を注意しましょう)。

オーディブルコイン

クレジットカードで購入した場合は、
おおよそ1週間程度の目安で、
クレジットカード会社に後日返金されます。

PCと違い、普通にスマートフォンからでは
朗読作品の返品ができません。

ですがご安心を。スマホからでも
返品できる方法をお教えします。

・iOSからの返品方法

iPhoneスマホでの返品方法です。

サイト表示を「デスクトップ」
切り替えれば、返却画面の表示ができます。

iPhoneからの返品手順1


モバイルサイトに行ったら、
共有ボタンをタップします。

iPhoneからの返品手順2


次に「デスクトップ用サイトを表示」をタップ
してデスクトップサイトを表示させましょう。

あとは前述した返却の手順を踏んでください。

一度サインインすると、再度モバイルサイトに
戻る場合があります。
その時は再びデスクトップ用サイトを表示
させれば大丈夫です。

・Androidからの返品方法

Androidスマホの返品方法もiPhoneと同じです。

PC版のAudibleホームページを
表示することが必要になります。
まずは、Audibleの公式サイトを表示します。

サインインした後に、
右上の点をクリックすると、

Androidからの返品手順1

「PC版サイト」というボタンが表示されます。
そちらをクリックします。

Androidからの返品手順2


PC用の画面になりAudibleの
ホームページが表示されるので、
あとは前述した返却の手順を踏んでください。

【注意】返品できない場合もある

利用者側に寄り添う形のAmazonですが、
朗読教材の返品も、回数に限度があります。

何度も返品すると規制をかけられます。

制限を設けられると、返品ボタンの代わりに
返却不可の表示になるので注意しましょう。

こうなっては返品したくても
返却できない状態になります。

交換制限対象になる、
返品回数は公表されていませんが、
1~2回なら問題ありません。

制限をかけられても返却する方法

規制をかけられていても、
どうしてもオーディオブック作品を
返却したいのでしたら、
今のところ、方法は2種類あります。

問い合わせフォームに連絡と
カスタマーサービスに
連絡する2種類です。

・問い合わせフォームに連絡する方法

ひとつ目は、Amazonのホームページにある、
「問い合わせフォーム」から
連絡する方法です。

PCのAmazonの下のツールバーに
「ヘルプ」をクリックします。

問い合わせ1


問い合わせフォームに移動します。
そこの「問い合わせフォーム」
問い合わせ理由を入力、
連絡することができます。

問い合わせ2


入力後はオーディブルコインが
戻るのをただ待つだけです。

・カスタマーサービスに連絡する方法

ふたつ目として、よほど何かあった場合は、
カスタマーサービスに
連絡しましょう。

カスタマーサービスから
メールで返却申請します。

PCのAudibleのホームページを開き、
右上にある「お問い合わせ」
ボタンをクリックします。

Audibleカスタマーサービスの
画面に行きましたら、
そこの「Eメール」での問い合わせをクリック。

AudibleカスタマーサービスのEメール


カスタマーサービスの
Eメールでの問い合わせ画面になったら、
返品理由を入力し、送信すると、
メールを送ることができます。

返品内容を送信後、
オーディブルコインが
戻るのをただ待つだけです。

面倒な手順を踏むことになりますけど、
制限をかけられていては、
これしか返却方法がなくなっています。

以上のような面倒な仕様は、アマゾン側も
デジタル商品とはいえ、
朗読作品の返却を望んでいないから、
あえて面倒な手段を
踏ませているのかもしれません。

購入前にサンプルを聴きましょう

ちなみに、立ち読みのように、
テスト視聴は購入前にできます。

サンプルを聞いてみることが
購入前の立ち読みです。

焦らずにサンプルを聴いてから
購入手順を踏みましょう。

注目すべき点として、
返品可能なのは、
有料会員だけの特権ですので要注意です。

Audible会員は、特典として購入した作品を、
購入後365日以内に返品可能です。

月額会員になりたくないのなら、
30日無料体験中に退会しましょう。

何度も返品するかも・・・という不安の方は、
『audiobook.jpの聴き放題プラン』
を試してはどうでしょうか。

Audibleより取り扱い本数が少ないとはいえ、
朗読本の聴き放題です。

オーディオブック聴き放題ですから、
返品を気にしなくて大丈夫ですよ。

30日無料体験の聴き放題プランを試し、
自分の本棚のように色々と
朗読本をあさってはいかがでしょうか。

30日無料体験で気に入れば、
月額750円なので、1日換算25円程度の
投資で聞き放題を続けてください。

月額750円の投資で始めてみる